加湿器のススメ!気化式のメリットとデメリット

オススメの加湿器

加湿器と一口に言っても様々な加湿方法のものがあり、それぞれに特徴があります。恐らく多くの方が思っている加湿器というのは湯沸かしポットみたいなもので、沸騰している際に出る蒸気を加湿に利用するという加湿器(スチーム式)を想像すると思います。しかし実際にはそれ以外にも色々な加湿方式があり、主に4つに分類されます。

また今現在は上記のようなスチーム式の加湿器はあまり利用されなくなっています。それには色々な理由があるのですが、メリットとデメリットのバランスの問題です。これはまた違う記事でご説明します。

ということで主に加湿器には4種類の加湿方式の中のひとつである気化式の加湿器について簡単にご紹介させていただきます!

スポンサードリンク

気化式の加湿器の特徴

構造や加湿方法はとってもシンプルで、水を含ませたフィルターという部分に小さな扇風機(ファン)で風を当て水を気化することで加湿するというものです。

室内で洗濯物を干すと湿度が上がるのと同じ原理ですね、その干している洗濯物に扇風機で風を当てて気化を促している状態がこの気化式加湿器と全く同じ原理です。

こういう方法で加湿するのが気化式加湿器です、稼働する上で一切熱を使用しないので「ヒーターレス式」や「ヒーターレスファン式」とも言われたりします。

また気化熱の原理で湿度を上げるという方法から、室温よりも低い温度の風を発生させます。これはメリットになる場合もあればデメリットになる場合もあります。冬に暖房器具と一緒に運用するとせっかく高くなった室内の温度を加湿器からの風が低くしてしまうということもあり得るので、冬場はデメリットになることが多いと思います。

逆に夏場は冷房による乾燥を防ぎつつ冷風を送り込んでくれるというかなりナイスなメリットになります。

気化式加湿器のメリット

  • 電気代が安い
  • 温度の低い高湿度風が出る

電気を使うのがフィルターに風を当てるためのファンを動かす部分だけなので、電気代は他の加湿方式のものと比べてかなり押さえられます。また室温よりも低い温度の風が出るのも上手く運用できれば大きなメリットになるでしょう。

気化式加湿器のデメリット

  • 加湿能力が低い
  • 音がうるさいものも多い
  • 定期的な掃除が必要

熱を一切使用しない加湿方式なので、どうしても加湿能力は低くなります。また気化熱を利用するため室内の湿度が上げれば上がるほどそれ以上に湿度を上げるのが難しかったり時間がかかったりします。

また早く湿度を上げたい場合ファンでフィルターに当てる風を増やすしかないため、ファンを動かす際の音が大きい製品が多いです。寝室の静かな環境で運用しようとする場合は実機で音を聞いてみるほうが良いでしょう。

そしてフィルターに水を含ませる部分やフィルター自体を定期的に掃除しないと、嫌な臭いが発生したり繁殖した雑菌が部屋中を舞うことになります。掃除が面倒だという方はスチーム式の加湿器を検討したほうがいいでしょう。

スポンサードリンク

気化式加湿器はこんな方にオススメ!

  • 夏場に冷房と一緒に加湿器を使いたい
  • 動作音が大きくてもあまり気にならない
  • 定期的にお掃除するのが別に苦じゃない
  • とりあえず電気代を抑えたい

こういう方にオススメです。恐らく加湿器などの長時間稼働し続ける家電に関しては電気代を気にされる方が多いと思いますので、気化式であればそこは結構安く押さえられます。ただ定期的な掃除は絶対に必要なので管理人のようなズボラな人間にはあまりオススメしません(笑)

管理人自身はこの気化式を少しバージョンアップさせたハイブリッド式という加湿方式のものを使っていますが、それも定期的に掃除が必要なのですがすごく面倒くさいです…(;´∀`)

そういった手間を電気代の安さで全然カバー出来る!という方にはオススメの気化式加湿器のご紹介でした。

最後まで読んで頂きありがとうございました!